同窓会ブログ

  1. ホーム
  2. 同窓会ブログ

最新の同窓会ブログ

高体連各競技で善戦光る

 爽やかな陽気の中で、各高体連の競技が始まり鍛えし技術と強靭な体力と不屈の精神を持って仲間と

共に全道へそして全国へと

 更には、2020年東京オリンピックの開催に向けて若き力が躍動をしています。

 高校生アスリートの夢のステージでの活躍が未来を明るく照らす等の大きな成果と期待を感じさせ

ます。

 後輩たちが全力を挙げて競技に参加をして正々堂々とした戦いを展開しています。

 支部大会、全道大会等、各地近隣の先輩諸氏の絶大なる応援の程、よろしくお願い致します。

 

ソフトテニス部 女子団体全道大会へ(旭川開催)

柔道部 男女共全道大会へ(旭川開催)

剣道部 5月25日から旭大高体育館にて支部大会(当番校)

陸上競技部 5月23日から花咲陸上競技場にて支部大会

男子バスケット部 5月24日から大雪アリーナにて

女子バレー部 5月25日から決勝リーグ総合体育館にて

軟式野球部 6月21日から支部大会旭大高グランドにて

弓道部、サッカー部は健闘するも惜しくも全道に駒を進めることが出来ず無念の敗退、後輩達に夢を

託す。

硬式野球部 10年振りに春季支部大会優勝5月29日からの全道大会へ出場する、夏の大会に向け

て好発進

 

がんばれ旭大高!  応援よろしく!

                                     ソフトテニス支部予選.JPG

世界で活躍 陸上競技の高平慎士君お疲れ様でした

 長い間、日本の陸上競技短距離で大活躍を遂げその先頭に立ち陸上界を牽引をして来た、高平慎士

選手が引退を決意された。

 色々な大会で素晴らしい足で駆け抜ける姿を見せてくれました。

 2008年夏、私たちは母校のパブリックビューイングのスクリーンに向かい現地へ届けと大声援

を送って応援をした事が今は最大の思い出として心に残る感動と感激に参加をした皆が手をたたき雄

たけびを上げて喜んだことが忘れられません。

 第三走者として世界のトップランナーであるウサイン・ボルトと互角の走りを繰り広げ抜群のコー

ナーワークでバトンをつなぎ、トラック種目男子では初めての快挙となった世界の第三位銅メダルの

獲得に最大の貢献をされた。

 (後にジャマイカチームの違反により順位が繰り上がり銀メダルとなる)

 3回のオリンピック大会や4回の世界選手権大会などの出場を果たして走り抜いて、私たちに素敵

な夢と希望や旭大高魂を見せてくれたことに対して心より感謝と御礼を致します。

 今後は心身ともに疲れを癒したのちに日本の陸上界や旭大高の陸上部などに助言をいただき、後進

の育成など指導者として活躍をされ、東京オリンピック大会で日本陸上が大活躍をするよう貢献をさ

れることを期待致します。

 また、旭川から第二の高平が誕生をするように願っています。

 日の丸をつけて激走を続けたトップアスリートとして本当にお疲れ様でした。

 懸命に走る姿に励まされた同窓の仲間たちが多くいたと信じています。

 世界で活躍する高平慎士君を応援することが出来、感動を共有する時間に巡りあえたことに感謝致

します。ありがとうございました。

高平壮行会.jpg

  (20012年のロンドオリンピックに出場前の壮行会にて)

夏に鍛えて冬に勝つスキー部を応援

 昨シーズン全国大会に出場を果たしたスキー部の頑張りと健闘を讃えて同窓会より助成金を贈呈す

る。

 本来なら全国大会に出発する前に贈り激励をする所ですが、遠征などで日程が会わずこの時期にな

りました。

 厳しい夏のトレーニングで体幹を鍛えて冬の雪の上での滑走に備える準備をする部員に会って来ま

した。

 伝統のあるスキー部も昨今は部員が少なく厳しい環境の中ですが、伊東大輝君(3年)山形県米沢

市立第三中卒と伊藤玲緒君(2年)鷹栖中卒と面談してクロスカントリーの大会の体験談などを聞か

せて頂きました。

 二人とも「来シーズンのインターハイでの表彰台を目指す」と力強く、目標と抱負を話してくれま

した。

 ワックスなど消耗品に活用させて頂き応援をして頂く同窓会の皆様の期待に精いっぱい頑張ります

と応えてくれる。

 来年の冬季平昌オリンピック大会を目指す石田正子選手とスキー部をこれからも応援をして行きま

しょう。

スキー部1 - コピー2.jpgスキー部2 - コピー2.jpg

新しく始まる高校生活に期待を込めて応援しています

 保護者の愛情とご理解、中学校の先生のご指導と助言、地域の人々の協力と支援の見つめるあたた

かいまなざしと拍手の中、吹奏楽の演奏に合わせで新入生が入場し、平成29年度の入学式が挙行さ

れました。

 今後の成長を見て少し大きめの新しい制服と真っ白な運動靴を着用して緊張の表情の中にはこれか

らの高校生活に一抹の不安とそれに勝る期待感を胸に込めているように推察できる。

 真っすぐに前を向いてこれからの時代を進んで行く新入生一人ひとりの氏名を呼ばれ150名に入

学許可が宣言され、高校3年間のスタートです。

 阿部校長の式辞の中で、「今、名前を呼ばれ「ハイ」と返事をしたのは、中学生気分から脱皮して

頑張る決意を意思表示した、自立への一歩だ思いやりといたわりの気持ちを持って仲間達との出会っ

た事を大切に119年の歴史と伝統のあるこの学び舎で才能を伸ばし充実した三年間にしましょう」

と訓話をされる。

 山内理事長告辞では、「命の繋がりがあって自分がいる事を忘れずに、自分を信じ好きになる自己

肯定感を高めて人と良い関係を築きオンリーワンの人となるようにこの高校で身に付けて下さい」と

新入生を励まされる。

阿部PTA会長が、「諦めない粘り強い旭大高魂を持って頑張って下さい」と祝辞の中で激励する。

 新入生を代表して藤井達矢君(特進コース、和寒中学卒)が「これから自分たちで選択をしたこの

学校で大いなる可能性を探り、成功体験を積み重ねる経験を学び仲間達と友情を深め先生方の指導の

下に成長をして行きます。」と力強く宣誓をされ参列者から頑張れとの拍手が送られる。

 各スポーツ部の先輩たちがユニフォーム姿で登壇して共に頑張ろう、の思いを込めて元気よく校歌

紹介をして歓迎のパフォーマンスを行いました。

 同窓会も新入生の入学を心からお祝い申し上げて新たな歴史を築く若い力に期待をして応援をして

行きます。

入学式1 - コピー.jpg入学式2 - コピー.jpg

入学式3 - コピー.jpg入学式4 - コピー.jpg

入学式5 - コピー.jpg

 

お世話になりました

 三寒四温の続く中にも道路の脇の雪も解けて日増しに春の陽ざしと心地良い風が吹く季節の中です

が皆様お元気に過ごされていますか?

 3月31日付で5人の教職員の皆さんが離任をされました。

 大変お世話になり寂しさを感じ残念ではあります

 同窓会にもご指導を頂きました事に感謝を申し上げます。

 一色 貞男   教諭

 吉野 文晴   講師

 藤平 有美   講師

 鈴木 真理恵  事務

 少数 真子   図書事務

お元気でお身体に気をつけられてお過ごしください。

引き続き旭大高と同窓会にもご指導をよろしく願います。 

お世話になりました

退任される先生方.jpg

最新の記事

アーカイブ