学校紹介

  1. ホーム
  2. 学校紹介
  3. 学校長あいさつ

学校長あいさつ

旭大高のホームページにアクセスいただきありがとうございます。

本年度もこのホームページを通じて、本校の諸活動をいろいろ紹介してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

本校は、1898年(明治31年)、創設者の澤井兵次郎先生が私財を擲って設立した旭川裁縫専門学校を前身としています。本年で122年目をむかえます。創設期から数えますと卒業生は、本年3月で3万5000有余名となりました。

「自省・努力・創造」の校訓のもと、学校スローガンとして「咲かせよう君の未来」を掲げ、「豊かな人間性・高い志を持った心身ともにたくましい生徒」の育成を目指しています。本年は新制服を身にまとった新入生が入学してきました。

平成30年度入学生から、以前からあった4コース(特別進学、普通、体育、ライセンス)のうち、普通コースを「未来創成コース」に、体育コースを「スポーツ教育コース」へ変更しました。本年度で3学年全員が揃うことになります。

  「未来創成コース」は、「グローカルマインドとボランティア精神に溢れる地域の未来を支える人材育成」をコンセプトに、一般的な教科・科目の他、旭川の歴史や地域の学習を教育課程に取り入れ、課題研究などを通して、豊かな心や人間性を育む教育内容になりました。

  「スポーツ教育コース」は、「アスリート及びスポーツの振興発展に寄与する人材の育成」をコンセプトに、普通教科・科目の他、メディカルスポーツやスポーツ概論を専門科目の中で学び、将来、アスリートや教育者、スポーツ支援者の育成を目指すものです。

「特別進学コース」においては国公立大学や難関私立大学への挑戦に向けての支援。「ライセンスコース」では商業、情報、福祉等の資格取得をしながら、進学や就職に向けて生徒一人一人のキャリアアップのサポート等、それぞれ特色ある教育内容になっています。

  体育系の部活動が活発です。どのコースからもすべての部活動に加入することが可能です。高平慎士選手や山部佳苗選手の様なオリンピックメダリストの他、クロスカントリーの石田正子選手のような日本のトップアスリートが本校を巣立っていきました。

2年連続9回目の甲子園出場を果たした硬式野球部、51年連続全国大会出場の陸上部、最近めきめき力をつけている剣道部や女子バレー部の他、多くの部活動が、全道、全国に駒を進めています。また、文化系の部活動も活発で、吹奏楽部は11年連続旭川地区代表として全道大会に出場しております。  

このホームページでは、本校について、できるだけわかり易くご案内したいと考えております。在校生や保護者の皆様、同窓生の皆さん、また、本校に入学を希望されている方や本校をもっと知りたいという方、是非、このホ-ムページにアクセスしていただくようお願いします。





 

学校長ブログ